もし、子宮内膜症、子宮筋腫などになったら。。

低用量ピルを飲んでいる人、これから飲む人へ。

低用量ピルを飲んでいる観察日記、経口避妊薬の基礎知識。
低用量ピルを飲んでからだにどんな変化があるか? 副作用や副効用について。

もし、子宮内膜症、子宮筋腫などになったら。。

もし万が一、検査で子宮筋腫、子宮内膜症であることがわかったら。。

気になるのはその治療。

またそれにかかる治療費用。
場合によっては入院などということも考えられます。

子宮筋腫や子宮内膜症などは個人によってその治療方法は違います。

早期発見の場合、薬物療法(ホルモン療法や漢方)などで治療が終わることもありますが、場合によっては手術が必要なことも。

婦人科系のクリニックの検査などは保険が利かないものもあり、意外と高額な費用がかかってしまうこともあります。

ピルや婦人科検診、STD、性病検査なども保険が利かず費用がかさんでしまっている人も多いと思います。(ピルに関して、処方理由によっては保険適用になっている人もいるかもしれませんが。)

30代になると女性特有の病気になる確立は上がります。

乳がんなども含め、定期健診は重要ですが、もうひとつ抑えておきたいのが、保険。

女性特有の病気、入院などに対応できる保険に入っておくことはとても重要です。

とくに派遣社員さんなど、雇用形態で会社が病気になったときのフォローをしてくれない、長期の病欠が原因で解雇されることはかなしいですが実際にある話です。

そうなった場合一番困るのはお金のこと。

万が一のことを考えて貯金しておくのも重要ですが、入院、手術となったときの保険にはいっておくという選択肢もあります。

30歳を超えてからは月々の保険額も加入時期によって徐々に増えていきます。

保険に関しては、若いうちからなるべく検討し、入っておくと安心です。

女性のための入院保険「フェミニーヌ」

保険で安心を手に入れるだけでなく、うれしくなりたい方へ。3年ごとのボーナスのボーナスがうれしい女性のための入院保険です。3年ごとに15万円のボーナスをあなたはどう使う?ボーナスは入院してもしなくても必ずもらえます。

HOME| 低用量ピルはいつ飲むの?期間は? »

このページのトップへ