低用量ピルって何のために飲むの?

低用量ピルを飲んでいる人、これから飲む人へ。

低用量ピルを飲んでいる観察日記、経口避妊薬の基礎知識。
低用量ピルを飲んでからだにどんな変化があるか? 副作用や副効用について。

低用量ピルって何のために飲むの?

低用量ピルを飲み始めるきっかけは十人十色。

低用量ピルを飲むとこんな効用があります。

  • 確実な避妊
  • 生理痛・PMS(月経前症候群)の軽減
  • にきび・多毛症の改善
  • 生理不順の改善(月経周期が規則正しくなる)
  • 月経スケジュールの調節

また、低用量ピルを長期服用すると卵巣がん、子宮体がん、乳房良性疾患が減るなどの副効用があります。

そのため、生理痛が酷いから婦人科で勧められて低用量ピルを飲み始める人もいれば、より確実で安心な避妊のためにピルを飲み始める人もいますし、生理不順が酷くて飲み始める人もいて理由はさまざまです。

何のために飲むか?は人それぞれですが、飲みたい/飲む理由を恥ずかしがる必要はありません。

低用量ピルを処方することに積極的なクリニックであれば、むしろ低用量ピルを飲むことをほめられるほどです。

なぜかというと、望まない妊娠や中絶の数はとても多く、女性のからだを女性が積極的に大切にすることを勧めているから。性行為があるなら飲んでちゃんと避妊すべき!という考えのクリニックはたくさんあります。

またつらい生理痛やPMSを我慢するより軽減させるほうが精神的にも肉体的にも負担が掛からないから。実際の副効用のことを考えたらむしろピルを飲まない方がもったいないと感じる人も多いほど。

婦人科や婦人科系クリニックには女性が避妊に失敗したり、性病に感染してしまったり、それによってからだも心もボロボロになってから相談に来る人がいます。

もちろん喜ばしい妊娠のためや定期健診のために来院する人も多くいますが、現在日本では中絶の数が減るどころか増える一方。

望まない妊娠を誰にも相談できず、経済的にも不安定で産んでしまい責任を放置するようなかなしい事件もたくさん目にします。

そういう悲しい選択をする前に低用量ピルによって安全で確実な避妊を選択することは悪いことですか?

低用量ピルが復旧することにより性的モラルが低下するのではないか?という懸念ももちろんあって、低用量ピルの復旧に反対する人がいるのも事実。

また、避妊についての知識不足、勉強不足の世代の両親には反対されたり、恋人にも飲むことを反対されることもあるでしょう。

しかし、低用量ピルを飲むのは他でもない自分のためです。

女性が自分でできる安心でかつ確実な避妊は今のところ低用量ピルの服用が一番なのです。

何のために飲むか?も十人十色ですが、何より自分のためであること!かつ低用量ピルを正しく飲むことが大切です。

そのため低用量ピルについては他人に説明できるくらい自分で学ぶことも大事です。

あなたは低用量ピルを何のために飲みたいと思いますか?


« 低用量ピル22日目 |HOME| 低用量ピルを飲んでいると何で避妊できるの? »

このページのトップへ