低用量ピルってどこでもらえるの?

低用量ピルを飲んでいる人、これから飲む人へ。

低用量ピルを飲んでいる観察日記、経口避妊薬の基礎知識。
低用量ピルを飲んでからだにどんな変化があるか? 副作用や副効用について。

低用量ピルってどこでもらえるの?

低用量ピルは日本の場合クリニックや婦人科で処方してもらいます。

海外では無料で街頭で配られたり、インターネットで購入できたりもします。

日本でも個人輸入で安く海外から購入することも可能ですが、多くの人はまずクリニックなどで処方してもらってから3ヶ月様子を見て、その後副作用などに問題がなければインターネットで海外から個人輸入しています。

日本の場合低用量ピルは自由診療となり保険が利かないため、場所によっては単価が高いことも。

しかし、何か問題があったときや自分の体調管理のためにもクリニックや婦人科でお医者さんの下処方してもらうのが一番安全です。

また人によっては検査が必要であったり、低用量ピルが効かない人などもいます。

そういった事前の検査などを必要とする人もいますので、まずは3ヶ月病院やクリニックで処方してもらうことをお勧めします。

低用量ピルの処方を積極的にしているクリニックや婦人科であればより安心して低用量ピルを処方してもらえます。

婦人科やレディースクリニックは特別な場所ではありません。

婦人科検診も特別なことではないので、25歳を過ぎたら子宮頸がんの検査や子宮筋腫などの検査は定期的に行うべき!また家族で婦人科系の病気になった人がいたら早めに検査を受けましょう。

婦人科系の病気は早期発見することによって簡単な手術で済むことも多いです。

低用量ピルを飲むというのをきっかけに検査をしてみるのもいいと思います。

« 低用量ピル26日目 |HOME| 低用量ピル27日目 »

このページのトップへ